知覚過敏におすすめの歯磨剤

こんにちは。院長の吉村です。
12月になり、より寒さが増しました。


12月は忘年会シーズンということもあり
お酒を飲む機会が増える月ですね。

お酒を飲んだ後、
うっかり歯みがきを忘れて寝てしまうと
寝ている間にむし歯や歯周病が進行してしまいます。
宴会の後にこそ、意識して
丁寧な歯みがきを心がけてくださいね。

さて、そんな寒い季節に起きがちな
トラブルの一つに、知覚過敏が挙げられます。

知覚過敏とは歯の根である
象牙質が露出することで起こります。

象牙質には「象牙細管(ぞうげさいかん)」
と呼ばれる、歯の神経と繋がる穴が開いているため
刺激が与えられると痛みを感じるようになっています。

ストレスや食いしばり、象牙質が露出する原因は
様々です。
一般的な治療方法としては、

・露出部分をプラスチック材で覆う
・薬剤を塗布する

などがあります。

ですが、軽度のものであれば
歯磨剤でもケアできます。

ドラッグストアなどでは
多数の歯磨剤に迷ってしまわれるかもしれませんが、
知覚過敏には
「硝酸カリウムが入った歯磨剤」
がおすすめです。

硝酸カリウム には即効性があり、
歯の神経の過敏反応を抑制してくれます。

歯磨きはお口ケアの中でも
最も馴染みがあり、手軽な習慣です。
知覚過敏かも? と気になったら
ぜひ試してみてください。

どの歯磨剤がいいのだろう?
と迷われる時は、
お気軽にご相談くださいね。

 

 

ふじさと歯科
〒496-0048
愛知県津島市藤里町2丁目2
TEL:0567-24-3537
URL:https://fujisato-dental.com/
Googleマップ:https://goo.gl/maps/QdcvB5i8BSrjg42EA

関連記事

  1. 自己判断NG!「しみる」に隠れた2つの理由

  2. 黄ばみの要因とは!? 歯の黄ばみはこうやって抑えよう

  3. 歯周病予防で認知症予防?お口と脳の関係

  4. フッ素の正しい使い方

  5. 1月休診日情報

  6. 口腔ケアで風邪予防!?健康な毎日を過ごしましょう!

PAGE TOP